医学部合格について

2 浪・ Y 君・医学部合格
前橋市
ボクは高校時代、地元では一流の高校に行き、大手進学塾にも数カ所通っていた。さぼっていた訳ではないけれど、現役での医学部合格は無理だった。浪人すれば合格できると思い、 一浪の時は都内の大手予備校に行った。 春、大手の医学部コースに入ったのだから、なんとかなるだろうと甘い考えでいた。しかし、数ヶ月経っても成績は上がることもなく、 誰かと話す機会もなく、参考になるような学習アドバイスを受ける事もなく、ただ、時間が過ぎた。秋、ボクはまた合格できないことを予感した。 冬、結局、また合格できなかった。

さて2浪目、東京での生活にはうんざりしていた。このままだと2浪しても医学部合格はたぶんムリだと想像できた。ボクは遊んでいた訳ではないけれど、東京での浪人生活で成績は現役の時より下がったからだ。ボクは本当に落胆して群馬に帰ってきた。ものすごく寂しかった。焦ってもいた。不安だった。 群馬県には医学部専門の予備校は帝医予備校【英語・現代文】しかなかった。地元の小さな塾・予備校だ。塾名は知っていたが、外観は普通の家に見えるので、不安だった。とりあえず親のすすめで体験入学に行った。驚いた。いろいろな面で普通の塾ではなかった。塾長先生は自信満々で、笑顔。「とりあえず一番高いコースで毎日レッスンしますか?」と言われた。両親は喜んで入塾させた。数ヶ月後、ボクの生活はとても楽しくなった。

A判定がすぐにとれるようになった訳ではないので、不安はあったけれど、成績は上がってきた。何とかなる気がする。そして夏が過ぎ、秋が過ぎ、必死に勉強する日々が続いた。模擬試験の判定は良くなってきた。 冬、風邪を引かないように必死に体調を整え、医学部を受験した。そして、ようやく合格できた時は本当に安心した。 
第一志望の医学部ではなかったけれど、春の成績からすれば、上出来だった。 合格できて、本当に良かった。

医学部合格体験記
二浪のIくん

医学部E判定で入塾してきた二浪のIくんは、10ヶ月間毎日通塾。結果、偏差値が大幅にアップしました。高額なお月謝をお支払いただきましたが、医学部に合格。ご両親にも大変お喜びいただきましたので、 良かったです。

2浪・Kくんも医学部に合格
去年、群馬大学医学部保健学科に合格した従姉妹のご紹介で入塾されたKくんは見事、医学部医学科に合格! 秋の全国模擬試験では全国一番(国語)にもなり、素敵な浪人生活でしたね。 才能のある生徒さんでしたので、成績アップして必ず合格できると思っていました。 遠方から1時間以上かけて通っていただきました。本当にありがとうございました。立派な医師になってください。

Kくんの合格体験記
医学部入試においては、まず理数系科目の実力が不可欠であるということは、言うまでもありません。中でも私が苦手としていた数学は、特に重要視される科目であったと言っても過言ではないでしょう。

現役時代は理数系科目が医学部レベルとは言い難い状態で受験を迎え失敗、一浪して大手予備校の医学部コースに通学するものの、レベルの高すぎる問題や情報量の多さに圧倒され実力も十分に養えず再び失敗、二浪を迎えるにあたり悩んだ末にこの塾の門戸を叩くに至りました。 

一浪目において学んだこと、それは大手予備校の授業を自分のものにすることの難しさに他なりません。特に医学部コースともなれば展開される授業の問題は最高峰の難易度を誇るものばかりであり、確かに元々その科目の実力がある生徒にとってみればいい腕試しになったかもしれませんが、苦手な生徒からすれば謎が増えるだけ、結果として意味を為さず、言うなれば「わからないことがわからない」状態に陥ります。こうなっては、学習の目処も立ちません。現に私もこの状況に陥ってしまっていました。 

また、もう一つとしては通学(ひいては下宿)の手間に関してです。浪人中には極力、学習以外に手間を取られないようにした方がいいというのは明白な事実であります。 以上をふまえ、「自分の実力相応の授業」「苦手科目に集中して教わることができる」「下宿せずに通学できる」という点を考慮した結果、ヒロ先生の予備校で学習させていただくことにしました。 

ヒロ先生の予備校の授業は基本的に個別指導です。私はこれが何よりの魅力であると思います。先生と自分の成績や希望に合わせて一緒に課題を決定し、具体的な自分の苦手な点を指摘して頂いたり、不明な部分などがあれば逐一補足・訂正を加えて頂いたり等、大手予備校ではまずあり得ません。しかし客観的に見ても、これが最も効率的な成績向上の途であるように思います。 

私自身、全く曖昧な知識の寄せ集め状態だった数学を、一年で医学部に届くレベルまで持ち上げることができたのはヒロ先生の予備校の先生との学習の進捗状況や出来・不出来の具合の連絡を密にしていたからこそであり、これは個別指導でしか成し得ないことです。 私の医学部合格は、ヒロ先生の予備校での一年がなければ夢のまま散っていたことでしょう。この場を借りて先生方に重ねて御礼申し上げると共に、ヒロ先生の予備校で蛍雪の時を過ごす受験生の皆さんが見事目標を達成されることを願って止みません。

最新情報をチェックしよう!

医学部対策コースの最新記事8件

>更新中

更新中

ヒロ塾長受付センター
TEL:050-5434-8671
受付時間: 午前9時〜午後6時
(年末年始・お盆・ゴールデンウィーク)
午後6時以降は、お問い合わせフォームから
ご連絡ください。
受講生は、午後6時以降も専用ダイヤルにてご連絡可能です。

CTR IMG